ここから本文です

福原愛さん夫妻、台北でも会見 今度は白黒のドレス姿

朝日新聞デジタル 9月22日(木)20時3分配信

 東京で結婚会見を開いた卓球のリオ五輪日本代表、福原愛さん(27)と台湾代表の江宏傑(チアンホンチエ)さん(27)夫妻が22日、台北市内のホテルで改めて会見した。着物姿だった日本の会見とは違い、福原さんは白と黒のツートンカラーのドレス姿で登場。結婚後も選手として活躍することで、女性アスリートにとっての新しい道を切り開きたいと語った。

【写真】台北で会見した江宏傑・福原愛夫妻=22日、台北、鵜飼啓撮影

 約30分の会見は通訳なしですべて中国語で行われ、中国でプレー経験のある福原さんは滑らかな中国語で質問に答えた。2人は会見中、互いに「老婆(ラオポー)(中国語で妻の意味)」「老公(ラオコン)(夫)」などと呼び合い、ときおり顔を見合わせて笑顔を見せていた。

 江さんは「日本に行くとほぼ毎食(福原さんの)手料理を食べている」と明かし、福原さんは「家を守り、夫を支えるのが理想の妻」などと語り、選手生活の一方で家庭を大事にする考えを示した。江さんは欧州での試合などが控えているため、今年末か来年初めごろに結婚式を挙げる考えだという。(台北=鵜飼啓)

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)21時0分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。