ここから本文です

日本ハムが陽岱鋼の適時打で六回に追加点

デイリースポーツ 9/22(木) 16:35配信

 「ソフトバンク-日本ハム」(22日、ヤフオクドーム)

 日本ハムが2-1で迎えた六回に1点を追加した。

 先頭の5番・田中賢、6番・レアードがともに左前打で出て無死一、二塁とし、続く7番・陽岱鋼の右前適時打で1点を加えた。

 陽岱鋼は2度の送りバント失敗後、1ボール2ストライクからの4球目。武田の外角直球を右前へ適時打。前夜の守備でのヒーローが打撃で貢献。「バントを失敗してたので、ランナーを次の塁に進められるように必死でした。結果的にヒットになってくれてよかったです」とコメントした。

 日本ハムはさらに8番・大野が四球で無死満塁。ソフトバンクはここで先発・武田をあきらめ、2番手・森福をマウンドに送った。

 9番・中島は投ゴロ併殺で2死二、三塁。続く1番・西川は空振り三振に打ち取られた。

最終更新:9/22(木) 17:49

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]