ここから本文です

日本ハムが陽岱鋼の適時打で六回に追加点

デイリースポーツ 9月22日(木)16時35分配信

 「ソフトバンク-日本ハム」(22日、ヤフオクドーム)

 日本ハムが2-1で迎えた六回に1点を追加した。

 先頭の5番・田中賢、6番・レアードがともに左前打で出て無死一、二塁とし、続く7番・陽岱鋼の右前適時打で1点を加えた。

 陽岱鋼は2度の送りバント失敗後、1ボール2ストライクからの4球目。武田の外角直球を右前へ適時打。前夜の守備でのヒーローが打撃で貢献。「バントを失敗してたので、ランナーを次の塁に進められるように必死でした。結果的にヒットになってくれてよかったです」とコメントした。

 日本ハムはさらに8番・大野が四球で無死満塁。ソフトバンクはここで先発・武田をあきらめ、2番手・森福をマウンドに送った。

 9番・中島は投ゴロ併殺で2死二、三塁。続く1番・西川は空振り三振に打ち取られた。

最終更新:9月22日(木)17時49分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]