ここから本文です

<運動会>犬と飼い主が一緒にレース 山口

毎日新聞 9月22日(木)20時41分配信

 犬と飼い主が同時に出場する「わんこと一緒のうんどうかい」が22日、山口市の県動物愛護センターであった。動物愛護週間(20~26日)に合わせたイベント。

 センターは野良犬や捨て犬を飼い主に仲介しており、この日は9匹が参加。「待て」の耐久ゲームなどに臨んだ。飼い主と同時に走るレースで座り込み、笑いを誘う場面も。

 雄の「りょう」は、防府市の森田敦子さん(46)の指示でハードルを見事にジャンプ。ともに暮らして約1年半。偶然出会ったペアは、リードより太い絆で結ばれていた。【杉山雄飛】

最終更新:9月22日(木)20時44分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。