ここから本文です

赤に黄色に…色づく秋の山 北海道・大雪山系

朝日新聞デジタル 9月22日(木)20時38分配信

 北海道・大雪山系の黒岳(1984メートル)や旭岳(2291メートル)で紅葉が始まった。黒岳では7合目付近までナナカマドやカエデ、ダケカンバの葉が赤や黄色に色づき、月末にはロープウェーで行ける5合目まで下りてきて、紅葉狩りが本格化しそうだ。

【写真】赤や黄色に色づき始めた北海道・大雪山系=22日午前、朝日新聞機から、川村直子撮影

 ロープウェーを運行する「りんゆう観光」によると、例年並みの8月下旬に山頂付近で紅葉がスタート。見頃を迎えた7合目には乗り継ぎのリフトで向かうことができる。観光客はリフトの足元に見える真っ赤なチングルマなどを楽しんでいた。(渡辺康人)

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)20時38分

朝日新聞デジタル

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。