ここから本文です

CTBT早期発効へ共同声明、北朝鮮非難も 外相会合

朝日新聞デジタル 9月22日(木)20時56分配信

 包括的核実験禁止条約(CTBT)の発効に向けた機運を高めるための「第8回CTBTフレンズ外相会合」が21日、米ニューヨークの国連本部であった。岸田文雄外相も出席し、CTBTの早期署名や批准などを呼びかける共同声明を発表。北朝鮮の核実験も非難し、核兵器と開発計画の放棄を強く求めた。

 CTBTは採択から今秋で20年だが、発効には潜在的な核開発能力を持つ特定44カ国(発効要件国)すべての批准が必要で、中国や米国、北朝鮮などが批准していないなか、発効は見通せない状況だ。一方でこの日、発効要件国ではないものの、ミャンマーとスワジランドが批准書を国連に提出し、批准国は計166カ国となった。

 声明はCTBTが核軍縮と不拡散体制の「核心要素だ」と強調し、ミャンマーなどの批准を歓迎。「今世紀も核実験を続ける唯一の国」である北朝鮮を非難している。

朝日新聞社

最終更新:9月22日(木)20時56分

朝日新聞デジタル

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。