ここから本文です

広島・ジョンソン、2発浴び単独トップ16勝ならず 7月以来の黒星

デイリースポーツ 9/22(木) 17:37配信

 「広島1-4阪神」(22日、マツダスタジアム)

 広島先発のジョンソンは、7回6安打2失点で7敗目を喫した。今季最終登板の可能性が高い一戦で、リーグ単独トップとなる16勝をつかむことはできなかった。

 三回までは三者凡退の安定した投球を披露した。だが、四回に先頭・北條に左翼席へ先制の4号ソロを被弾。0-1の六回は、上本に左翼席上段へ2号ソロを運ばれ、2点目を失った。

 七回には2死二塁のピンチを背負ったが、味方の好守で無失点で切り抜けた。110球の粘投。先発としての役割は十分に果たした。しかし打線の援護がなく、7月27日の巨人戦以来となる黒星。自身の連勝は6で止まった。

 15勝でチームメートの野村と並んでリーグトップだが、野村はあと1試合先発する見込み。

最終更新:9/22(木) 17:44

デイリースポーツ