ここから本文です

待つ身のジョンソン=プロ野球・広島

時事通信 9月22日(木)18時38分配信

 広島のジョンソンは7回を2本のソロ本塁打による2失点にまとめながらも援護がなく、リーグ単独トップの16勝目は逃した。これがシーズン最後の先発となる見込みで、最多勝の行方は15勝で並ぶ同僚野村の最終登板の結果待ちとなった。

 中8日となった登板は「間隔が空くのはあまり好きではない。少しぎこちなさがあった」と振り返った。

 沢村賞の選考基準は7項目のうち、勝利数、防御率など四つはクリアしている。「賞を取れれば素晴らしいが、自分では何もできない」と言い、天命を待つ。

最終更新:9月22日(木)18時39分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。