ここから本文です

田中がメジャー自己最多の14勝目、1イニング4被弾も防御率リーグ1位は守る

スポーツ報知 9月22日(木)11時23分配信

◆レイズ5―11ヤンキース(21日・セントピーターズバーグ)

 ヤンキースの田中将大投手(27)が21日(日本時間22日)、敵地でのレイズ戦に先発し、3回に3者連続を含む4本のソロ本塁打を浴びて4点を失ったが、6回7安打4失点にまとめ、自身のメジャー移籍後最多となる14勝目(4敗)を挙げた。

 登板前にアメリカン・リーグ1位だった田中の防御率は3・07に落ちたが、トップを守った。試合は11―5でヤンキースが勝利した。

 防御率タイトルを目指す田中は7点リードの3回、先頭のウィルソンに外角の初球の142キロのカットボールを左翼席に運ばれた。その後2死としたが 3番・ロンゴリアに7球目の真ん中低めの136キロのスライダーを左翼へ、4番・ミラーには1ボール2ストライクから外角低め135キロのスライダーを右翼へ、5番・ディカーソンには初球の外角低め139キロを中堅へと、クリーンアップに3者連続アーチをゆるした。メジャー移籍後初となる1試合4被弾に、田中はマウンドで険しい表情を浮かべていた。

 田中はその後レイズ打線に得点を許さず6回4失点で降板。味方が序盤から大量得点していたこともあり、メジャー移籍3年目で自身最多となる14勝目(1年目13勝、2年目12勝)をつかんだ。

最終更新:9月22日(木)13時5分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]