ここから本文です

日本ハム・有原、2カ月ぶり白星 「優勝争いの中で苦しい時期だった」

デイリースポーツ 9月22日(木)18時15分配信

 「ソフトバンク2-5日本ハム」(22日、ヤフオクドーム)

 日本ハムがソフトバンクとの直接対決2連戦に連勝し、リーグ優勝へのマジック「6」を点灯させた。

 チームは5連勝。先発・有原は6回7安打2失点で、7月22日以来、ちょうど2カ月ぶりとなる11勝目(9敗)を挙げ、自身の連敗を6で止めた。七回は宮西、八回はバースが抑え、九回は谷元が締めた。

 有原は「今までチームに貢献できなかったので、絶対勝つという気持ちでマウンドに上がりました」と第一声。インタビュアーから栗山監督は前半戦の活躍を評価していると振られると、「ありがたいが、後半戦ももっと貢献したいという気持ちがあるので頑張りました」と答えた。

 この日の投球内容については、「反省するところもたくさんあるが、今日に関しては勝つことができたので、いいかなと思う」と話し、2カ月ぶりの勝利に「うれしく思う。チームが優勝争いしている中で(自分は)苦しい時期だったので、ここから残り試合は少ないが、チームに貢献できるように頑張りたいなと思う」などと語った。

最終更新:9月22日(木)18時20分

デイリースポーツ