ここから本文です

VW不正発覚1年 日本販売苦戦 挽回へ新型ビートル投入

産経新聞 9月22日(木)7時55分配信

 ドイツ自動車大手フォルクスワーゲン(VW)の日本での販売がふるわない。排ガス規制逃れ問題の発覚から丸1年が経過したものの、ブランドに対する不信感がなお根強いためだ。テコ入れに向け、VW日本法人は21日、主力車「ザ・ビートル」を一部改良して投入した。年末に向け、全国20カ所で全車種の試乗会を開くなど巻き返しを急ぐが、施策の効果は未知数だ。(今井裕治)

 「日本で重要なのは信頼回復だ」

 VW日本法人のティル・シェア社長は21日、東京都内で開いた改良版ビートルの発表会後の記者会見でこう繰り返した。

 背景には昨年9月の不正問題発覚後、他の先進国に比べ大幅に落ち込んだ日本市場での新車販売の不振がある。VWの今年1~8月の主要市場での新車販売台数を見ると、欧州は前年同期比3・1%増、北米は1・3%減だった。これに対し日本は17%も落ち込んだ。この間、日本の外車市場全体が2・9%増えていたにもかかわらずだ。

 先進国の中でも、日本の消費者は特にブランドイメージを重視する傾向が強いとされる。不正によるブランドへの“失望”が、販売面で色濃く影響した形だ。

 VWにとって日本市場は本来、強みを持つ市場であった。一昨年まで15年連続で外車メーカーにおけるトップシェアを維持したことからも明らかだ。

 そこでVWは捲土(けんど)重来を期し、9月以降、販売のテコ入れに向けた施策を矢継ぎ早に打ち出し始めた。その一つが改良車の投入だ。

 21日に一部改良して発売したビートルは、その戦略車に当たる。改良で運転手の疲労を検知する機能を標準装備したほか、カラーも増やした。これを呼び水に購買意欲を喚起し、販売店への来店を増やす狙いだ。

 その上で、12月までに全国各所で開く全車種の試乗会で、実車のハンドルを握る機会を提供し、VWブランドの魅力を再認識してもらう戦略だ。ただ、一度失墜したブランドの回復は容易でない。今は「顧客に寄り添い、信頼を回復する」(シェア社長)ことが何よりも優先されそうだ。

最終更新:9月22日(木)8時21分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

地球外生命を宿しているかもしれない1つの惑星と3つの衛星
地球外にも生命はいるのでしょうか?NASA(アメリカ航空宇宙局)の惑星科学部門の部門長であるジェームズ・グリーンと一緒に、地球外生命を宿していそうな場所を太陽系内の中で探してみましょう。 [new]