ここから本文です

<函館空港>国際線、10月から着陸料無料 観光客増狙い

毎日新聞 9月22日(木)22時33分配信

 外国人観光客の増加を目指し、北海道函館市は10月から、函館空港に新規就航する国際線の着陸料を無料化する。国の空港着陸料軽減制度を利用し、国から5割の補助を受ける予定。同空港は、中国路線の運休や新規就航の延期が相次いでおり、航空会社の着陸料負担を軽減し、観光客の増加につなげたい考え。同制度の活用は道内の空港で初めて。

 同制度は国際線が新規就航したり、増便したりした場合、国と地元自治体が半分ずつ負担し、本来は航空会社が支払う着陸料を1年間無料にする。小型機の着陸料は1回約8万円で、1日1便運航した場合には年間約3000万円となる。国土交通省は2017年度から無料期間を3年間に延長する方針。

 函館空港は現在、航空会社4社が中国・天津便、台湾・台北便の計2路線を就航。8月に台北線に就航した台湾の格安航空会社(LCC)「タイガーエア台湾」が適用第1号になる見通し。函館市港湾空港振興課は「函館は国際観光都市を掲げており、この制度を活用し、航空会社にPRしたい」と説明している。

 函館空港はピーク時、2カ国・地域への4路線が就航し、15年度の外国人宿泊客数は前年度比14.9%増となる過去最多の39万7468人だった。しかし、今年に入って中国2路線が運休したままになり、別の中国2路線は新規就航発表後に就航を延期するなど、外国人観光客の減少が懸念されている。【遠藤修平】

最終更新:9月22日(木)22時39分

毎日新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]