ここから本文です

マインツ、武藤投入後に2ゴール逆転勝ち

スポーツ報知 9月22日(木)13時10分配信

◆ドイツ・ブンデスリーガ ブレーメン1-2マインツ(21日・ブレーメン)

 マインツの日本代表FW武藤嘉紀(24)は、敵地でのブレーメン戦に後半30分から途中出場。チームは2-1で逆転勝ちし、2連勝をマークした。

 0-1で投入された武藤はFWコルドバとツートップを形成。後半42分にMFマリのゴールで1-1と追いつくと、試合終了直前のロスタイム2分にMFデブラシスが逆転ゴールを奪った。

 武藤嘉紀「入ってから流れが変わったか分からないが、最終的に2-1で勝つことができて、それはよかった。今日は正直、得点できるまでは一番ひどかったんじゃないか。雰囲気が変わると思うので結果オーライ。(得点には)絡んでないが、チームとしては逆転できたことと、自分が入った後に2点取れたという意味では悪くないかなと思う」

最終更新:9月22日(木)13時10分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]