ここから本文です

東大、アジアで4位=また首位逃す―英誌大学番付

時事通信 9月22日(木)19時48分配信

 【ロンドン時事】英教育専門誌タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(THE)は21日、2016~17年の「世界大学ランキング」を発表した。

 欧米勢が上位を占める中、東京大は39位(前回43位)。アジアでは4位にとどまり、2年連続で首位を逃した。

 世界トップは英オックスフォード大。英国の大学が首位となるのは初めてという。次点は米カリフォルニア工科大で、米スタンフォード大、英ケンブリッジ大が続いた。

 アジア首位はシンガポール国立大の24位で、このほかは中国の北京大(29位)、清華大(35位)など。日本の大学で200位以内に入ったのは東大と京都大(91位)で、東北大、大阪大、東京工業大、名古屋大、九州大、豊田工業大も400位以内にランク入りした。 

最終更新:9月22日(木)20時34分

時事通信

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。