ここから本文です

楽天今江が「群馬アトム」と再会 サプライズに笑顔

日刊スポーツ 9月22日(木)14時24分配信

 楽天今江敏晃内野手(33)が22日、10年前から毎年交流を続ける身体障害者野球チーム、「群馬アトム」の17人とQVCマリンで再会した。

 今季4回目の試合招待「スマイルシート」の実施日だったが、降雨により試合が中止に。室内での練習後にあいさつに向かうと、サプライズでアトムの新ユニホームをプレゼントされた。昨年11月に受賞したゴールデンスピリット賞の賞金を寄付したことで新調された一品。右の袖に縫いつけられた「今江主義」の4文字を見つけて、笑顔で記念写真に収まった。

 今江は「今日は雨で試合が中止になって残念ですが、皆さんの顔を見ることができたのでよかったです。最近は試合にあまり出られなくて少しへこんでいたんですが、残り試合を頑張ろうと思いました。皆さんも全国大会を頑張ってください」と感謝を伝えた。

 群馬アトムは、11月に兵庫で行われる全日本身体障害者野球選手権に2年連続で出場する。

最終更新:9月22日(木)15時33分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。