ここから本文です

マー君「気づいたら打たれてた」まさかの4被弾は「スポットに入った感覚」

スポニチアネックス 9月22日(木)12時41分配信

 ◇ア・リーグ ヤンキース11―5レイズ(2016年9月21日 セントピーターズバーグ)

【写真】3回、この回に4本塁打を浴び、帽子をかぶり直すヤンキース・田中

 ヤンキースの田中将大投手(27)は21日(日本時間22日)のレイズ戦に先発。3回に3者連続を含む4本塁打を浴びながらも、6回7安打4失点でメジャー自己最多となる14勝目(4敗)を挙げた。3者連続、1試合4本塁打とも日米を通じてプロでは初めて。防御率は3・07となったが、リーグトップをキープした。

 ≪田中と一問一答≫

 ――今日の登板を振り返って?

 「投球全体的には序盤は特にボールにキレもなく、それをホームランにされたという感じだったんですけど、自分の中で分析しながらやって3回以降はまだマシな投球ができた。何とか立て直してその後はゼロに抑えることができたのはよかった」

 ――1イニング4被弾は野球人生で初めて?

 「初めてですね」

 ――ああやって連続で打たれたのは切り替えられなかったのか?

 「ちょっと大げさかもしれないけど、気づいたら結果的に3者連続打たれてたみたいな、スポットに入ったような感覚がありました」

 ――今日の勝利でワイルドカードの進出圏内まで2・5ゲーム差に縮まったが、今後はどのような投球を?

  「自分のやらなければいけないことをやって登板に臨むだけです」

最終更新:9月22日(木)14時29分

スポニチアネックス

スポーツナビ 野球情報

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。