ここから本文です

マエケン「チームに助けられながら」謙虚に16勝目

日刊スポーツ 9月22日(木)16時22分配信

<ドジャース9-3ジャイアンツ>◇21日(日本時間22日)◇ドジャースタジアム

 ドジャース前田健太投手(28)が、日本人メジャーとしては2012年のダルビッシュ(レンジャーズ)に並び、1年目最多となる16勝目(9敗)を挙げた。

【写真】マエケンがチアガールに 新人恒例の仮装お披露目

 初回、四球と失策絡みで1点を先制された。ところがその裏、味方打線がつながり、前田自身の適時打を含む6安打5得点と逆転に成功した。

 前田は2回にソロ本塁打を浴びたものの、ド軍打線がその後も加点。ペースを取り戻した前田も、追加点を許さなかった。

 9-2とリードを広げた5回裏、打順が回ったところで代打を送られた。

 投球内容は5回を3安打2失点(自責1)、2四球6奪三振。球数は88球で、防御率は3・20。

 試合後は「立ち上がりは制球が定まらず、簡単に先制されましたが、逆転してくれたので点差を守ろうと思って投げました」と振り返った。

 また、16勝目については「チームに助けられながら16勝を重ねられたというのは、僕にとっていい結果だと思います」と、謙虚に話した。

 2位ジャイアンツに快勝したドジャースは、4年連続の地区優勝までマジック「5」とした。

最終更新:9月23日(金)10時49分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]