ここから本文です

【中日】ドラフト5位・阿部が同点適時打「何とかバットに当てようと思ってました」

スポーツ報知 9月22日(木)15時58分配信

◆巨人―中日(22日・東京ドーム)

 中日のドラフト5位・阿部寿樹内野手(26)が2点を追う5回に同点2点適時打を放った。

 エルナンデス、井領の連打で無死二、三塁のチャンス。菅野が1ストライクから外角に外そうとした130キロのスライダーが甘く入ったところを左前にはじき返した。

 それでも球種については「ストレートだと思う」とオールドルーキー。「内野が(前進守備ではなく)後ろにいたので、何とかバットに当てようと思ってました。うまく打つことができました」と自賛した。

 阿部は前日まで21試合に出場して打率1割7分9厘、1本塁打、2打点と即戦力の期待に応えているとは言い難い。それでも、プロ初打点になったプロ1号ソロと同点中犠飛を放った試合は14日の同カード(ナゴヤドーム)。巨人戦で勝負強さを見せている。ちなみに、その日も相手の先発は菅野だった。

最終更新:9月22日(木)16時15分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。