ここから本文です

【巨人】ギャレットが逆転サヨナラ2ラン!連日の4打点の大活躍

スポーツ報知 9月22日(木)17時7分配信

◆巨人4x―3中日(22日・東京ドーム)

 巨人は1点を追う9回2死一塁、ギャレットが逆転サヨナラとなる23号2ランを放って連勝した。23日から始まる3位・DeNAとの直接対決を前に、勢いに乗れる勝ち方となった。

 勝負は下駄を履くまで分からない。クリーンアップで迎えた2―3の9回だった。坂本、阿部が凡退し2死。あと1死で試合終了の場面で、村田が左前打を放った。打席に向かうのは、前日4打点でこの日も1回に2打点のギャレット。東京ドームを埋めたG党の声援が一段と大きくなった。

 中日・田島のカウント0―1からの2球目のスプリットだった。ギャレットが振り抜くと、打球はバックスクリーン左へと飛び込んだ。ヒーローインタビューで「菅野が好投していたし、みんながあきらめなかった結果だと思う。ファンの皆様の後押しもありました」と興奮しながらまくし立てた。

 前日は6月26日のDeNA戦(横浜)の7打点以来となる4打点で、この日も4打点の大活躍。「リラックスして大振りしないように、打席に立っている。だからこそ、相手の失投を逃さずに打てた」と劇的な一発を振り返った。

 この日の勝利で、2位の巨人と3位・DeNAのゲーム差は、23日から始まる直接対決2連戦を前に3・5差となった。劇的な勝利に由伸監督は「こういう勝ちもうれしいですが、後がないというところで素晴らしいバッティングをしてくれた。ここというチャンスで先制を打ってくれたし、いいバッティングをしてくれている」とこの日の全打点を叩き出した助っ人評価していた。

最終更新:9月24日(土)0時23分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]