ここから本文です

阪神高山が引導弾含む2安打 坪井の新人安打へM2

日刊スポーツ 9月22日(木)17時56分配信

<広島1-4阪神>◇22日◇マツダスタジアム

 阪神高山俊外野手(23)の猛打が止まらない。

【写真】阪神上本、1カ月ぶり2号「うまくたたきました」

 4回に左翼線へ強烈なライナーを放ち、二塁打をマーク。2点リードの8回無死一塁ではジャクソンの速球をとらえて、ジャンプする右翼鈴木のグラブをかすめて、スタンドまで運んだ。今季8号2ランは広島に引導を渡す一撃。

 「長打は別に意識していません。スイングをしっかり、軸で回る。それでたまたま結果につながっている」。

 今季133安打目となり、同僚福留の新人時代(99年中日で131安打)を抜いて、阪神の新人シーズン安打記録1位の98年坪井に残り2本に迫った。それでも「超えた感じはまったくない。1本1本の積み重ねです。少しでも(福留)孝介さんに近づけるように」と冷静だった。

最終更新:9月22日(木)20時20分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]