ここから本文です

【中日】菅野を攻略した荒木、尊敬するライバルは15歳年下

スポーツ報知 9月22日(木)17時37分配信

◆巨人4x―3中日(22日・東京ドーム)

 中日の荒木雅博内野手(39)が巨人・菅野から一時勝ち越しとなる適時打を放った。

 同点の6回無死二塁、カウント1―1から低めのワンシームをバットを叩きつけるようにして捉えて二遊間を割った。今季2試合で7打数4安打と相性が良かった相手エースをまたも攻略したベテランは、「右におっつけようと意識したのがヒットにつながったと思います」と笑顔を見せた。

 2年連続トリプルスリー達成が決定的なヤクルト・山田を「尊敬している」と言ってはばからない。「練習を重ねて一流の二塁手になったことが何より素晴らしいし、打っても大喜びしない姿勢もいい」と15歳も年下の“ライバル”をたたえる。これで通算安打数は1959。来季早々の2000安打達成に視界が開けてきた。

最終更新:9月22日(木)17時37分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報