ここから本文です

岩本高志が豪雨耐え抜き3位、推薦のチャンス生かす

日刊スポーツ 9月22日(木)19時34分配信

<男子ゴルフ:ダイヤモンドカップ>◇第1日◇22日◇大阪・茨木CC西C(7320ヤード、パー70)◇賞金総額1億5000万円(優勝3000万円)

【写真】小平智が首位発進、2位今平、3位平塚 男子ゴルフ

 プロ17年目でノーシードの岩本高志(41=K’s ゴルフラウンジ)がこの日、ただ1人のノーボギーで3位発進した。

 午後組の後ろから2つ目、午後0時36分スタートとあって、途中で豪雨に直撃された。「僕は(競技が)止まるんじゃないかって、思ったんですが、止まんなかったですね」。

 飛距離が出るタイプでない。雨でソフトになったフェアウエーはランが出ず、11番パー4(485ヤード)はドライバー、3番ウッドでもグリーンに届かず、アプローチを1・5メートルに寄せて、パーをもぎ取った。ホールアウト時は日暮れ前で、グリーン上ではラインを読むのも難しい状態だったが、最後まで耐え抜いた。

 今季は開幕前に両肘を痛め、今も右上腕部にはテーピングを施す。現在賞金ランク53位とあって、初シードのために少しでも賞金の上積みをしておきたい。「今回は出られないと思っていたのに、主催者推薦をいただいた。ありがたいです。チャンスをしっかり生かしたい」と話していた。

最終更新:9月22日(木)20時1分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。