ここから本文です

Bリーグ開幕、A東京「勝ち負け以上」歴史的1勝

日刊スポーツ 9月22日(木)19時45分配信

<バスケットボールBリーグ:A東京80-75琉球>◇第1節◇22日◇東京・代々木第1体育館

 男子バスケットボールの新プロリーグ「Bリーグ」が開幕した。昨季NBLの勝率1位のA東京と同bjリーグで最多4度の優勝を誇る琉球が激突。最後までシーソーゲームが続いたが、A東京が80-75で琉球に競り勝った。

 野球、サッカーに次ぐ第3のプロリーグが華やかに幕を開けた。コートは世界初の全面LEDを使用。得点者の顔が浮かび上がる。レーザー光線を駆使し、開幕ムードを盛り上げた。試合開始前にはBリーグの大河正明が「バスケットボールで日本を元気にしたい」と開会を宣言。

 試合開始のブザーがなると、20秒すぎにA東京のトロイ・ギレンウォーター(27=米国)が初得点を挙げた。第1Q(クオーター)はA東京が26-19と琉球にリードを奪った。第2Qに入ると琉球が反撃。開始から6連続得点を奪うと、一時は29-28と逆転した。だが中盤からA東京が盛り返し、再逆転。43-36と、第1Qと同じ7点差で、後半に折り返した。

 第3Q序盤、琉球は一時4点差まで詰めよったものの、逆転のチャンスを何度も逃す。A東京は要所で3ポイントシュートを決め、一気に点差を引き離す。第3Qは64-51と13点差をつけて終わる。

 琉球もbjリーグ最多4度優勝の意地がある。第4Q残り5分53秒、アンソニー・マクヘンリー(33=米国)がBリーグ初のダンクシュートを決めると、勢いに乗る。残り4分47秒、岸本隆一(26)の3ポイントシュートで72-68と、再度4点差まで詰め寄った。その後、A東京が引き離すも、残り1分32秒、岸本が再び3ポイントシュートを決めて3点差。ギリギリまで勝負のわからない展開に、9132人の観衆は盛り上がる。最後はA東京が粘り切って80-75で琉球を下して、歴史的Bリーグ初勝利を飾った。

 A東京の伊藤拓摩ヘッドコーチは「勝ち負け以上の試合だった。見ている人をワクワクさせる試合ができた。満員のコートに立つとうれしくなるし、バスケットが盛り上がるよう選手とともに頑張ります」と話していた。

最終更新:9月22日(木)23時20分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]