ここから本文です

遠藤10勝元アマ横綱対決制す!平幕V可能性残した

日刊スポーツ 9月22日(木)20時13分配信

<大相撲秋場所>◇12日目◇22日◇東京・両国国技館

 元アマ横綱同士の対戦は東前頭14枚目の遠藤(25=追手風)が、西前頭5枚目の御嶽海(23=出羽海)を寄り切って10勝目を挙げた。2場所ぶりの2桁白星は自己最速の12日目で達成し「いいんじゃないですか」とうなずいた。

【写真】遠藤は無心で「食って、治療して、寝て」

 突き、押しから得意の左四つとなり、右上手をがっちり引いて離さなかった。力強い寄り切りに「良かったです」とし、集中力を保てている秘訣(ひけつ)には「しっかりメリハリを持って生活している」と話した。

 左膝と右足首のけがが癒えた今場所だが「けがしてからはいいかもしれないけど、けがする前に戻ったかというと、戻っていない。こればかりは時間をかけてやるしかない」と説明した。

 平幕優勝の可能性を残したが「毎日やることをやって、次の日に備えて相撲に集中するだけ」と意に介さず、残り3日間に備える。

最終更新:9月22日(木)20時38分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]