ここから本文です

八角理事長、豪栄道の相撲を高評価「慌てなかった」

日刊スポーツ 9月22日(木)20時13分配信

<大相撲秋場所>◇12日目◇22日◇東京・両国国技館

 かど番ながら連勝街道を突き進み、12連勝で初優勝に向かう豪栄道(30=境川)が、日に日に強さを増していく感がある。Vロードを独り旅する大関の相撲内容を、協会首脳も高く評価した。

【写真】豪栄道がV前進

 この日は、横綱鶴竜(31=井筒)との我慢比べともいえる突き押しの応酬も、冷静さを失わず逆に鶴竜に引かせ、そこを一気に出て押し出した。その取り口に八角理事長(53=元横綱北勝海)も「慌てなかったね。鶴竜が引いたところを、うまく足を送った。ぶつかり稽古をやっているから足がスーッと出るんだろう」と日ごろからの鍛錬を評価した。後続に2差をつけて、残りは3日。圧倒的有利な立場にいるが「いろいろ考えるだろうけど、強気で行くこと。前のめりになりがちな気持ちを我慢できるか」と心の持ちようの大切さを説いた。

 正面土俵下で目を光らせた友綱審判長(元関脇魁輝)も「今までの豪栄道なら、差されて首に巻いたりしたのが、それを振り払って1から攻め込んでいる。それが今場所の進歩。大変身というぐらい。ここまで落ち着いて相撲を取っている豪栄道の記憶がない」とほめた。

最終更新:9月22日(木)20時35分

日刊スポーツ