ここから本文です

高安、来場所大関とりへ価値ある10勝「上出来」

日刊スポーツ 9月22日(木)20時13分配信

<大相撲秋場所>◇12日目◇22日◇東京・両国国技館

 新関脇の高安(26=田子ノ浦)が来場所の大関とりへ、大きな意味を持つ10勝目を挙げた。

【写真】高安が幼なじみ秋元才加の観戦に応え白星

 西前頭筆頭の嘉風(34=尾車)に立ち合いでしっかり踏み込み、左を差して右を抱える。相手が巻き替えにきたところを、一気に前へ。定石通りの攻めに「左のまわしが取れたので、右はしっかり抱えて、胸を合わせれば自分の相撲。落ち着いて取れました」と満足げ。2桁白星には「上出来だと思います」とうなずいた。

 対戦した5人の横綱、大関から4勝を挙げた。その上位戦は前日で終わり、残すは下位力士とだけ。「今日からまた大事だと思ったので、集中だけは切らさないように気を引き締めて臨んだ」と油断はなかった。

 2敗で優勝争いにも踏みとどまっている。だが「あと3日、1日1日を大事に取るだけです」。あくまで平常心。気持ちが浮き沈みすることはなかった。

最終更新:9月22日(木)20時35分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。