ここから本文です

古久根 2戦連続マイナスの苦戦/日刊杯

日刊スポーツ 9月22日(木)20時27分配信

<日刊スポーツ杯争奪 スリアロトーナメント2016>◇予選C卓2回戦◇東京・麻雀スタジオ◇日刊スポーツ新聞社後援

 古久根英孝(元最高位戦日本プロ麻雀協会)が前回ラスに続き3着と、マイナスポイントが続き、準決勝進出が苦しくなった。

 じゃいにトップを走られ、終盤は加藤との2着争いとなったが、終盤の南3局で3着に後退すると、オーラスでの逆転もかなわず、マイナスポイントを増やしてしまった。「1回戦は(ラスながらも)肩が動いている気がしていたがまた重くなってきました。ただ、展開的には(河野ラスで)わずかながらチャンスがあるので最終戦がんばります」と、大きなトップでの大逆転を目指していた。

最終更新:9月22日(木)20時27分

日刊スポーツ