ここから本文です

高橋みなみ「ファンを見ると安心」久々ソロライブ

日刊スポーツ 9月22日(木)22時19分配信

 高橋みなみ(25)が22日、千葉・舞浜アンフィシアターで、アンバサダー(大使)を務めるスマホゲーム「アヴァベルオンライン」のシークレットイベントに出演した。

【写真】高橋みなみソロ初アルバムに槙原ら11組が楽曲提供

 この日は、同ゲーム内の「たかみなクエスト」をクリアした者が参加できるイベントで、高橋も「クエスト、めちゃ難しかったでしょう? それをクリアした猛者の皆さんが集まってくれました」と笑顔を見せた。

 第1部では、ソロライブを行った。今年4月にAKB48を卒業後、同月にソロライブを1度行った以来のライブとなり高橋は「久しぶりなので緊張しています。それでも、ファンの皆さんの顔を見ると安心します」。

 来月12日発売のソロ第1弾アルバム「愛してもいいですか?」から、槙原敬之提供の「カガミヨカガミ」や、岸谷香提供の「GIRLS TALK」など3曲をファンの前で初披露したほか、AKB48時代のソロ曲「愛しさのアクセル」も歌った。第2部では、あべこうじをMCにして、ゲームイベントも行った。

 AKB48卒業から半年がたった。ソロ歌手として本格的なスタートを切るが、「ゆっくりゆっくりですが、ファンの皆さんに届けられるよう、ソロとしてお活動を頑張っていきます」と話すと、ファンも「みなみ~」と大歓声で応えていた。

最終更新:9月22日(木)22時52分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。