ここから本文です

【山形】PK戦で失敗のDF田代「責任感じる」も「次に向けて頑張る」

スポーツ報知 9月22日(木)22時58分配信

◆第96回天皇杯 ▽3回戦 山形3(PK3―5)3神戸(22日、神戸総合運動公園ユニバー記念球技場)

 J2モンテディオ山形DF田代真一(28)が、延長前後半を終えて3―3のままもつれ込んだPK戦で、3人目として登場。ゴール右隅を狙って鋭いシュートを放ったが、J1神戸GKキム・スンギュ(25)の好セーブに阻まれた。

 結果的に田代の失敗が響き、PK戦3―5で敗退。背番号2は「責任を感じる」と話した。

 それでも3バックの要として、前半2失点だった守備を立て直し、後半に一時逆転の流れを呼ぶなど存在感を発揮。25日には中2日でリーグ戦のアウェー・熊本戦を迎えるだけに「次に向けて頑張る」と気持ちを切り替えていた。

 PK戦の内訳は次の通り

【先攻・神戸】

1人目・レアンドロ ○

2人目・ニウトン ○

3人目・三原 ○

4人目・高橋 ○

5人目・岩波 ○

【後攻・山形】

1人目・石川 ○

2人目・伊東 ○

3人目・田代 ×

4人目・鈴木 ○

最終更新:9月22日(木)23時14分

スポーツ報知