ここから本文です

藤井フミヤ、2年ぶり日本武道館でカウントダウンライブ

オリコン 9月22日(木)5時0分配信

 今月10日の大阪・フェスティバルホールを皮切りに2年ぶりの全国ツアーを行っている歌手の藤井フミヤが21日、東京国際フォーラムで公演を行った。9月21日は、1983年に7人組ロックバンド・チェッカーズのメンバーとしてレコードデビューした日でもある。「ソロデビューした日は覚えていないんだけど、チェッカーズのデビュー日は忘れない。デビューしなければ皆さんに出会えなかった。大事な日です」といい、平日にもかかわらず席を埋め尽くしたファンと祝った。

ライブ中の別カット

 「愛を込めて歌います。33年間どうもありがとう」。この日、特別に弾き語りで披露したのはチェッカーズの解散コンサートでも演奏された「Long Road」。「きょう、急に思い立ったもので」とズボンのポケットからコードと歌詞が書いてあるカンペをおもむろに取り出し、会場の笑いを誘っていた。

 また、全国ツアーの追加公演として、12月25日に福岡サンパレスで『クリスマスプレミアライブ』、そして2年ぶりに東京・日本武道館で『カウントダウンスペシャル2016~2017』の開催も発表された。「カウントダウンライブには尚之(実弟の藤井尚之)も参加します。いろんなイントロが聴けると思う。絶対来てね」と呼びかけていた。

 今回のツアーは、7月にリリースされた新アルバム『大人ロック』に収録された「GIRIGIRIナイト」をはじめとする新曲、「TRUE LOVE」などのソロの代表曲、チェッカーズ時代のヒット曲を織り交ぜて構成。ツアー・メンバーには、バンドマスターの有賀啓雄(B)を中心に、屋敷豪太(Ds)、松本圭司(Key)、石成正人(G)、友森昭一(G)ら熟練のミュージシャンを集め、曲によって4ピースやトリオ編成で多彩なサウンドを紡ぎ出す。フミヤも唯一無二の歌声と大人の色気漂ようステージパフォーマンスで観客を魅了した。

最終更新:9月26日(月)18時55分

オリコン