ここから本文です

アプガ、伊豆の“孤島”でサバイバルライブ 武道館公演に向け「試練」

オリコン 9月22日(木)22時0分配信

 7人組アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)が22日、静岡県西伊豆の“某所”で『アップアップガールズ(仮) Road to 武道館 陸の孤島 秘境決戦』を開催した。海と森に囲まれ、船でしか行けないまさに秘境にファン100人を迎え、メンバー自身が設営した会場で熱いライブを繰り広げた。

【写真】大自然を背景に渾身のステージ

 同ライブは、11月8日に自身初の東京・日本武道館公演が決定したことを受け、コンサートに向けての試練として企画。世間と隔絶された空間で、自らステージを設営、ライブ演出も自分たちが考え、観客を出迎えるというテーマで行われた。

 前日の21日に船で現地に上陸したメンバーに用意されいたのは、マイクとスピーカーの音響設備のみ。自分たちの手でステージをデコレーションし、夜にはファンのために100人分のカレーを調理した。

 そしてきょう、カレーで腹ごしらえを済ませたファンの前に、メンバーが山からステージへと駆け降り、ライブがスタート。「サバイバルガールズ」「イチバンガールズ!」といきなりエンジン全開のパフォーマンスを見せる。10月11日発売のシングル「!!!!!!!(ばんばんばん)」では、サビに向かうところでメンバーが花火を点火し、野外ならではの特別な演出に観客も大いに盛り上がった。

 その後も「お願い魅惑のターゲット」で佐保明梨がステージから離れた岩場の崖でダンスを見せるなど、大自然ならではのパフォーマンスを披露。最後はメンバー手作りのリストバンドをファンに配り、ニューシングルの収録曲「君という仮説」を古川小夏による振付で共に踊り、大団円を迎えた。

 佐藤綾乃はMCで「アプガはいろんなところでライブをしてるんですけど、アプガじゃなかったらこんなに無謀な挑戦することなかったと思うんです。テントで泊まって自分たちでセットを組んで、ライブをすることもなかった」としみじみ。

 「あと日本武道館まで47 日しかないですけど、もっともっとアプガファミリーと、これからアプガファミリーになるであろう人たちを日本中からかき集めて、みなさんと一緒に武道館まで突き進んでいきたいと思います」とファンに向けて決意を示した。

最終更新:9月23日(金)8時46分

オリコン