ここから本文です

俳優、海外ソロ、映画劇伴…多才ぶり発揮するRADWIMPS・野田洋次郎

オリコン 9月23日(金)8時40分配信

 新海誠監督による映画『君の名は。』が9月17日・18日の全国映画動員ランキング(興行通信社調べ)で4週連続1位となり、19日までの累計では動員690万人、興収91億円を突破し、スタジオジブリ以外のアニメーション作品としては初となる大台100億円突破も目前に迫っている。こうした中、RADWIMPSによる劇中音楽を収録したサウンドトラック『君の名は。』も2週連続でアルバム1位を獲得するなど好セールスを記録。この大半の楽曲の作編曲を手がけているのが、RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎だ。最近ではバンドのほか、海外を見据えたソロプロジェクト「illion」や俳優活動、プロデュース業など、様々な分野で才能を発揮している。ファンからはカリスマ的ともいえる人気を獲得している野田の魅力に改めて迫ってみたい。

【写真】神木隆之介、上白石萌音、長澤まさみ、市原悦子登場『君の名は。』アフレコ

■若者からカリスマ的な人気を誇るRADWIMPSにおける野田

 まだ野田が高校生だった2001年に結成されたRADWIMPS(以下、RAD)は、ライブ活動や音楽コンテストをきっかけに注目を集め、2005年11月、シングル「25コ目の染色体」でメジャーデビュー。同作こそシングル最高45位という記録だったが、その後、作品リリースごとに徐々に売上を伸ばしていき、ついに2006年11月発売のシングル「セツナレンサ」で初週売上2.2万枚を記録してTOP10入り(4位)。同年12月発売のアルバム『RADWIMPS 4~おかずのごはん~』では初週7.8万枚を売り上げて5位にランクイン(ちなみに176週にわたってランクインするロングヒットで、累計34.6万枚を売り上げている)。続く2008年1月発売のシングル「オーダーメイド」では自身初の1位を獲得するなど、デビューから3年ほどで邦楽ロックシーンを代表するバンドのひとつへと成長した。

 RADは今年8月26日のテレビ朝日系『ミュージックステーション』で結成15年、メジャーデビュー11年目にして初の地上波音楽番組出演となったが(『君の名は。』主題歌の「前前前世」(movie ver.)を披露)、2000年代にデビューした多くの邦楽ロックバンドと同様に、テレビ番組への出演など大規模な宣伝展開をあまり積極的に行ってこなかった。それにも関わらず、ここまでのカリスマ的ともいえる人気を獲得するバンドとなったのは、デビューからライブや大型フェスなどに積極的に参加してきたことはもとより、ボーカル・野田が紡ぎ出す唯一無二の歌詞にある。

 時には“哲学的”“天才”とも評されるRADの詞は、実体験を野田ならではの感性で言葉にしており、言葉遊びのようでありながら、多くの若者の共感を呼んだ。その一方で、どんなに革新的な作品に挑もうとも、洋楽や邦楽ロックからも影響を受けている彼らの楽曲は、どこかに大衆性を残している。『君の名は。』ではRADならではの詞やサウンドに加えて、こうした大衆性の巧みなバランスで、映画、音楽と相乗効果で互いに好影響を与えている。デビュー11年目で中堅からベテランに差し掛かった時期ではあるが、今回のヒットで、新規ファンを開拓できたのではないだろうか。

■表現者として新たな分野へと挑戦していく姿勢

 SEKAI NO OWARIやゲスの極み乙女。など、2010年代に入ってからブレイクしたバンドはSNSやブログなどで積極的に私生活まで明かしている人たちも多いが、RADのように2000年代のデビューした邦楽ロックバンドは、バンドイメージもあってか、メディア出演があまりないだけでなく、そもそもSNSやブログなども積極的にやっていないなど、ライブやリリースがない期間はあまり表舞台に出てこないバンドもいる。また、俳優や他アーティストのプロデュースなど、ジャンルを隔てた活動を行うことはあるが、あくまでもバンドがメインであるというスタンスを崩さない人が多いように感じられる。

 こうした中で、野田はやはりホームであるRADを大切にしながらも、比較的他ジャンルへのチャレンジには柔軟な姿勢が感じられる。たとえば、2012年より始動させたソロプロジェクト「illion」では、兼ねてからの願望であった海外での活動を見据えており、海外でのリリースのほか、イギリスやドイツなどでもライブを開催。また、昨年6月公開の映画『トイレのピエタ』では俳優デビュー作にして主演を務め、「第39回日本アカデミー賞」では新人俳優賞を受賞するなど、ファン以外からも好評価を得た。また、クリエイターとしてもハナレグミやAimer、“酸欠少女”さユリなどへの楽曲提供、プロデュースを行っている。

 優業に挑む際、野田はRADという確固たる自身の基盤があるからこそ、新たな分野へと挑めると明かしていたが、表現者としての成長は、今後、RADが世に送り出す作品にも色濃く表れてくるのだろうか。11月発売のニューアルバムが待ち遠しい。

最終更新:9月23日(金)10時29分

オリコン