ここから本文です

阪神・能見、中継ぎテストへ 金村投手C「左は速い方がいい」

サンケイスポーツ 9月22日(木)10時1分配信

 先発ローテ投手の阪神・能見が残り6試合でリリーフテストを受けることになった。金村投手コーチは「中継ぎの左投手は(ボールが)速い方がいい。能見は(中継ぎとして)いいと思っている」と21日、明かした。

 37歳左腕は今季24試合すべて先発して8勝12敗、防御率3・70も、黒星はリーグワースト。19日の巨人戦(甲子園)からブルペン待機をしており、来季を見据え、残り6試合で適性を見極めていくとみられる。

最終更新:9月22日(木)12時56分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]