ここから本文です

【オールカマー】クリールカイザー不安なし12秒8

サンケイスポーツ 9月22日(木)10時1分配信

 古馬の一線級が集う産経賞オールカマーの追い切りが21日、東西のトレセンで行われた。クリールカイザーは坂路で単走。馬なりで流す程度だったが、水分を含んで力の要る馬場状態で4ハロン53秒0-12秒8と上々の時計をマークし、順調さをアピールした。

 「馬場も悪いのでサラッと。でも時計は出ていたね。ここを目標に乗り込んだし、(不安を抱えている)脚は今のところ大丈夫。中山2200メートルはぴったりだよ」と相沢調教師。昨年のAJCCに続く重賞2勝目に期待していた。

最終更新:9月22日(木)10時1分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ