ここから本文です

日中経協 訪中団、商務次官と会談 対中投資環境改善を要望

産経新聞 9月22日(木)19時59分配信

 【北京=平尾孝】主要企業のトップらが参加する日中経済協会を中心とした財界合同訪中団は22日、北京市で中国商務省の高燕商務次官と会談し、対中投資環境の改善などを議論した。商務省は海外企業同士の経営統合の際、審査を簡易にするなどの独占禁止法の見直しについて、取り組む考えを示すなど訪中団の要望に応じる姿勢をみせた。

 団長を務める日中経協の宗岡正二会長(新日鉄住金会長)は「知的財産保護などで世界的な標準ルールを中国も守ることが、日本からの投資拡大につながる」と強調した。

 日本側は投資環境の改善項目をまとめた要望書を提示。進出した企業の清算、譲渡の規制が煩雑で、実際には事業再編ができないことについて改善を求めた。特に撤退できる環境がなくては新たな投資が進まないと強調した。

 こうした要望に対し高次官は「公平で透明性の高い環境をつくり、開放政策をさらに進めたい」と応じたほか、特許権侵害などで公安機関が今年1~6月に6万件を摘発するなど、知的財産保護の取り組みを強化していることを説明した。

最終更新:9月22日(木)20時1分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]