ここから本文です

「USJ」付近の廃材置き場火災、金属スクラップ500立方メートル燃える

産経新聞 9月22日(木)20時12分配信

 大阪市此花区北港の大阪港埠頭ターミナル内にある廃材置き場の火災は、約6時間後に消し止められた。大阪市消防局によると、消防車18台、ヘリコプター1機、消防艇2隻が出動し、家電製品などの金属スクラップ約500立方メートルが燃えたという。

 火災は22日午前9時35分ごろ、「産廃が燃えている」と警備員から119番があった。現場はテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)」の西約1キロ。けが人などはなかった。

 USJによると、営業に支障はなく来場客の避難やアトラクションの休止もなかった。

 大阪府警此花署は出火原因などを詳しく調べている。

最終更新:9月22日(木)20時12分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。