ここから本文です

杜このみ、師匠の細川たかしから厳命「米を食うな、肉を食え」の理由

サンケイスポーツ 9月22日(木)16時31分配信

 札幌市出身の演歌歌手、杜このみ(27)が22日、東京・西東京市の保谷こもれびホールで新曲「鴎の海峡」のヒット御礼コンサートを行った。

 同曲は4月に発売以来5万枚を突破。その感謝の気持ちを込めて杜は開演前にホール入り口広場でさらなる飛躍を祈願した書道パフォーマンスを披露した。応援に駆けつけた埼玉・本庄第一高校書道部の女子12人が縦3メートル×横4・5メートルの特大書道紙にかもめが羽ばたく雄大な景色と文字を書き込み、杜が「鴎」と自身の名前を大書して完成させると観客から大きな拍手がわき起こった。

 墨を手につけたまま会見した杜は「書道は初挑戦でしたが、書道ガールズの皆さんの一筆一筆に魂が込められている。出来栄えは120点です」と晴れやかな笑顔を見せた。

 演歌歌手、細川たかし(66)の最初で最後の弟子としても知られており、「私は太りやすくて師匠から『米を食うな、肉を食え』と言われています。お肉を食べると歌うときにもパワーが出るので東京でもジンギスカンを食べに行きたい」と“肉食女子宣言”していた。

 ステージでは同曲のほか「三味線わたり鳥」「津軽じょんから節」など計18曲を熱唱。着物から洋装、そして着物へとカラフルな衣装替えも披露し660人のファンを魅了した。

最終更新:9月22日(木)16時44分

サンケイスポーツ