ここから本文です

猪熊得郎氏が死去 シベリア抑留者支援・記録センター世話人

産経新聞 9月22日(木)23時6分配信

 猪熊得郎氏(いのくま・とくろう=シベリア抑留者支援・記録センター世話人)21日、敗血症のため死去、88歳。通夜は25日午後6時、葬儀・告別式は26日午前10時半、神奈川県横須賀市久里浜4の5の1、京急メモリアル久里浜斎場で。喪主は長男、和幸(かずゆき)氏。

 昭和20年、旧ソ連によってシベリアで抑留され、22年に帰国。悲惨な捕虜体験を集会などで訴えた。

最終更新:9月22日(木)23時6分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。