ここから本文です

鈴木雅之、小田和正のピアノ弾き語りで「私の願い」を熱唱

サンケイスポーツ 9月22日(木)22時40分配信

 ソロデビュー30周年を記念した全国ツアー(18都市22演)を展開中のシンガー・ソングライター、鈴木雅之(60)が22日、東京・渋谷のオーチャードホールでコンサートを開催した。

 最新アルバム「dolce」はイタリア語でスイーツの意味も持つだけに、カフェ風のステージに登場。「今日で60歳になりました。還暦ソウルを届けにきました!」と叫び、ソロデビュー曲「ガラス越しに消えた夏」やシャネルズの「ランナウェイ」など全25曲を披露。甘美な歌声で2000人のファンを熱狂させた。

 同アルバムに参加したJUJU(年齢非公表)とKREVA(40)がマーチンを祝福しに駆けつけ、デュエットを披露。尊敬する小田和正(69)も登場し、オフコースの「私の願い」を小田のピアノ弾き語りで歌うなど、豪華共演にファンは酔いしれた。

最終更新:9月22日(木)22時40分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。