ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) 北核実験:決議棄権の韓国野党議員「ボタン押し間違えた」

朝鮮日報日本語版 9月22日(木)9時28分配信

 韓国国会は21日の本会議で、北朝鮮の5回目の核実験を糾弾するとともに核廃棄を促す内容の決議案を可決した。

 決議案は在籍議員203人のうち賛成200人、棄権3人の賛成多数で可決。棄権したのは野党「共に民主党」所属で外交統一委員長を務める沈載権(シム・ジェグォン)議員、野党・正義党の金鍾大(キム・ジョンデ)議員、野党「国民の党」のキム・ジョンフェ議員の3人だったことが分かった。

 沈議員は本紙の電話取材に対し「外交統一委員会の案を提出した外交統一委員長として、同委員会と国防委員会の案を合わせた修正案の表決に賛成・反対を表示するのは不適切だと考え、棄権した」としながらも「修正案には全く異議がない」と述べた。

 正義党の金鍾大議員は「決議案の中で『さらに一層強力かつ実効的な制裁案の準備・施行を促す』という一節は、エネルギーや医療分野など北朝鮮の住民の生活に関わる部分まで封鎖する可能性がある。それにもかかわらず本会議で何ら議論されることなく表決に至ったことは不誠実かつ無責任だと考え、棄権した。決議案そのものに反対したわけではない」と述べた。

 国民の党のキム・ジョンフェ議員側は「単なる機器の操作ミスで棄権ボタンを押してしまった。国会議事局に訂正要請を出したところ」と説明した。

最終更新:9月22日(木)9時28分

朝鮮日報日本語版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。