ここから本文です

今、子供たちの間で流行している「親を震撼させる遊び」

AbemaTIMES 9/22(木) 17:01配信

今、「親を震撼させる遊び」が子供たちの間で流行しているという。親のフルネームを検索して出てきた画像を見せ合う遊びというものだ。

SNSが日本で流行して10年近くが経過した。当時学生だった親たちも子どもを持つようになり、子どもがスマホを操り始めたことで親たちの「黒歴史」が子どもたちの目にさらされるようになった。確かにFacebookでは実名でのアカウント登録が多くなりつつある今、珍しい名前の親にはすぐにたどりつくことができる。

この遊びに対してネット上では「怖すぎる」「勘弁してくれ」という声も上がる。子どもには決して見せられない、過去の自分の写真と向き合わされ、赤面したり、悲鳴を上げる親が生まれている。

最終更新:9/22(木) 17:01

AbemaTIMES

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。