ここから本文です

ロッテ岡田、“サイン見逃し”で先制打「あれで二ゴロ併殺なら大変なことに」

Full-Count 9月22日(木)7時10分配信

清田の頭部死球に発奮、貴重な一打で勝利導く

 ロッテの岡田幸文外野手が21日の楽天戦で待てのサインを“見逃し”、貴重な先制タイムリーを放った。

セパ投手 与死球ランキング

 6回1死二塁の場面で1番・清田が美馬から頭部死球を受けるアクシデント。今月8日の西武戦で郭から左側頭部に死球を受け、「脳振とう」で登録抹消されていた。そのダメージも癒えない中での再度の死球。幸い千葉市内の病院で検査を受けた結果、打撲で今後の出場については様子を見ることになったが、直後に打席に立った岡田は心中穏やかとはいかなかった。

 危険球退場となった美馬に代わって急遽、左腕金刃が登板。対する岡田はカウント3-1から速球を狙い打って中前へ先制タイムリーを放った。しかし試合後、「普段とは違う気持ちが入っていた。あとで考えたらサイン見落としで、いけないこと」と反省の弁を口にした。

 その打席では変化球が2球続いており、速球を確信していた。「あれで二塁ゴロ併殺なら大変なことになっていた」と首をすくめたが、燃える思いがバットを振らせてしまったようだ。

 選手会長は「サインはサイン。1試合、1試合必死でやります。熱く冷静に」とベテランらしく締めくくっていた。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:9月22日(木)7時10分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。