ここから本文です

大盛況のリオパラリンピック総括

カンパラプレス 9月22日(木)20時58分配信

大会で起きたあれこれ

 南米初開催で話題となったリオパラリンピックが閉幕した。18日(日本時間19日)に行われた閉会式は、大会の成功を祝うリオ市民の歓喜にあふれ、次期開催都市である東京のフラッグ・ハンドオーバー・セレモニーでは小池百合子都知事がパラリンピック旗を引き継いだ。東京大会の開催は2020年8月25日から9月6日までの13日間。これに先立ち五輪は7月24日から8月9日まで行われる。

ロシアのドーピング問題

 リオパラリンピックを振り返ってみると大会前、五輪でも騒動になったロシアのドーピング問題があった。だがIPC(国際パラリンピック委員会)の決断は早く、国ぐるみと見られるロシアのドーピング隠蔽を断固として許さず、全競技にわたってリオ大会への出場禁止を決めた。
 ロシアは五輪同様、パラリンピックでも強豪国の一つだ。前回のロンドン大会では中国に次ぐ36個の金メダルを獲得していることや参加人数も多いことなどから、大会への影響は否めなかった。しかし、IPCはロシアのしたことはパラリンピックの意義や価値を脅かす行為と判断。陸上競技などで一部出場禁止となった五輪とは真逆の英断を下した。
 ちなみにロシアを欠いた今大会には159カ国・地域および難民選手団から4333人以上が参加し、史上最大規模となった。

女子ゴールボールでアルジェリアが到着せず

 大会期間中は女子ゴールボールのアルジェリア代表選手団が現地に到着しないという異例の事態も起きた。アルジェリアは9、10日の1次リーグ2試合を航空機の遅延を理由に欠場し不戦敗に。対戦相手は米国とイスラエルだったため、パレスチナ問題などをめぐる対立感情からイスラエルとの対戦を拒否したのではないかとの憶測が流れた。
 もしそうだとすれば、平和と友好を掲げるスポーツの祭典に政治的な意図を持ち込んではならないパラリンピックと五輪の理念に抵触する。この事態を重く受け止めたIPCはすぐさま事実関係の調査に乗り出し、場合によっては競技からの除外も視野に入れた。
 結局、アルジェリア選手団は大会5日目にあたる11日に到着。12日には同じ1次リーグC組の日本と対戦し7-1で日本が勝利した。日本代表選手団は、アルジェリアの出場資格剥奪と対戦全チームの不戦勝および得点を10-0にすることを求めた要望書を国際視覚障がい者スポーツ連盟に提出するも認められず、アルジェリアに対する制裁も加えられなかった。その後も真相は明らかになっていない。

1/2ページ

最終更新:9月22日(木)20時58分

カンパラプレス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]