ここから本文です

「物騒な事件は初めてでびっくりした」熊本市の郵便局に刃物強盗 容疑の男、現金奪い逃走

西日本新聞 9月22日(木)10時8分配信

 20日午後4時ごろ、熊本市中央区細工町4丁目の熊本細工町郵便局から、強盗発生などを知らせる非常通報が県警本部に入った。熊本南署によると、男が包丁のようなものを窓口の女性局員に突き付けて「金を出せ」と脅し、現金数十万円を奪って逃げた。署は強盗事件として、男の行方を追っている。

【動画】郵便局強盗の容疑者の映像公開 熊本県警

 署によると、男は40~50代で、身長約165センチ。自転車で北方面へ逃走したという。局内にいた局員4人にけがはなかった。

 現場はJR熊本駅から約500メートル離れた住宅街。近くの五福小では、教職員が校区内の巡視・巡回をしたほか、児童の見守りなどを保護者や地域住民にメールで呼び掛け、子どもたちの安全確保の対応を取った。 近くの無職男性(44)は「住み始めて4年目だが、物騒な事件は初めてでびっくりした。早く(容疑者が)見つかってほしい」と話した。

西日本新聞社

最終更新:9月22日(木)10時8分

西日本新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。