ここから本文です

秋分の日は雨の一日 関東は10月並みの肌寒さに

ウェザーマップ 9月22日(木)7時28分配信

 本州付近はすっきりしない天気が続いているが、22日(秋分の日)は、秋雨前線が本州に更に近づくため、広い範囲で雨が降りそうだ。大雨となる心配はないが、関東など東日本では一日を通して雨が降りやすく、西日本や東北でも午後は次第に雨の範囲が広がる見込み。午後は大気の状態が不安定となり、山沿いを中心に雷を伴って雨脚の強まる可能性もある。
 最高気温は、全国的に平年より低い状態が続き、特に関東では20℃を少し上回る程度と肌寒い。東京は21℃と10月中旬並みの予想。東海から西では26℃前後の所が多くなりそうだ。

週末は天気回復傾向

 23日(金)も午前中を中心に雨の所が多くなるが、午後は西日本から天気が回復して、24日(土)~25日(日)にかけては東日本でやや雲が多いものの、各地で晴れる予想だ。
 気温は平年より高くなり、東海から西日本にかけては30℃前後まで上がる所がある見込み。南から暖かく湿った空気が流れ込む影響で、特に土曜日は蒸し暑く感じられそうだ。

最終更新:9月22日(木)7時28分

ウェザーマップ

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。