ここから本文です

安心感や優しさを 「ドラえもんJET」中国便で運航、そのねらいとは JAL

乗りものニュース 9/22(木) 10:31配信

出入口には「どこでもドア」

 JAL(日本航空)が2016年9月21日(水)、『ドラえもん』の特別塗装を施した「JAL ドラえもんJET」をお披露目しました。

【写真】「ドラえもんJET」の「どこでもドア」

「JAL ドラえもんJET」は、ボーイング767-300型の機体側面に、「タケコプター」で空を飛ぶJALオリジナルデザインの「ドラえもん」と、東京スカイツリーなどが描かれた日本の街並み、そして出入口には「どこでもドア」がデザインされています。

 また機内では、『ドラえもん』仕様の特製紙コップによるドリンクサービス、搭乗客へのオリジナルポストカードのプレゼントも行われます。

 JALの「ドラえもんJET」は2010年、2012年にも登場していますが、今回は9月22日(木・祝)から、成田~上海(浦東)線などの中国便に就航。国際線で飛ぶのは今回が初めてです。

中国に「ドラえもん」の安心感、優しさを

 2016年、JALではこれまでにないほど海外を意識し、それに特化したタイアップキャンペーンを実施しているといい、今回の『ドラえもん』とのコラボもその一環です。

「2015年の訪日外国人の数は1940万人。そのうち499万人が中国からのお客さまです」(JAL、植木義晴社長)

 2015年、訪中日本人の数が前年比92%の250万人だったのに対し、訪日中国人は前年比207%と大幅に増え、はじめて訪中日本人の数を上回ったとのこと。そして今後も中国からは旺盛な訪日需要が見込まれますが、現地においてJALはある程度の知名度があるものの、十分に利用してもらうには至っていないといいます。

 そこで「JALのみならず、日本全体に対する親しみや旅行先としての安心感を持ってもらう」(植木社長)ため、イメージキャラクターとして起用されたのが、中国で幅広い年代に人気があるという「ドラえもん」です。藤子・F・不二雄プロの伊藤善章社長は、「『ドラえもん』を通じてJALを知り、『ドラえもん』の人に対する優しさなどを通じて日本を知ってほしい」と話します。

「JAL ドラえもんJET」の運航は2017年3月末までの予定。期間中、中国在住の搭乗者を対象としたプレゼントキャンペーンや、上海などでのイベントなども開催される予定です。

乗りものニュース編集部

最終更新:9/22(木) 10:31

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。