ここから本文です

大宮、4強狙い士気高く 天皇杯22日磐田戦、岩上「結果出ている」

埼玉新聞 9月22日(木)6時30分配信

 サッカーの天皇杯全日本選手権3回戦が22日、各地で行われ、大宮は磐田と争う(16時・NAC)。チームの天皇杯最高成績は2005年の4強で渋谷監督は「まずはベスト4を目指すためにも磐田戦は負けられない」と士気高く集中した。

 チームは21日、高木サッカー場で最終調整した。11対11、セットプレーの主力組は17日の川崎戦先発から河本、清水以外は9人が入れ替わった。4―4―2布陣でペチュニクと清水の2トップ、中盤の右はマテウス、左に泉沢、大山と岩上のボランチに最終ラインは右から渡部、横山、河本、沼田でGKは松井だった。

 磐田とは4度目の対戦で、岩上は「うちに勝ってないので気持ちが入ってくる。うまくかわしながらやっていければ」と磐田攻略をイメージ。メンバーの大幅な変更も「どの選手が出ても結果が出ている」と自信をのぞかせた。

最終更新:9月22日(木)6時30分

埼玉新聞

スポーツナビ サッカー情報