ここから本文です

全米王者ワウリンカ 初戦快勝でベスト8進出<男子テニス>

tennis365.net 9月22日(木)9時43分配信

サンクトペテルブルグ・オープン

男子テニスツアーのサンクトペテルブルグ・オープン(ロシア/サンクトペテルブルグ、ハード、ATP250)は21日、シングルス2回戦が行われ、第1シードのS・ワウリンカ(スイス)がL・ロソル(チェコ共和国)を6-3, 6-1のストレートで下し、危なげなくベスト8進出を果たした。

【フェデラー ワウリンカと和解】

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、2回戦から登場した全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)王者のワウリンカは、ファーストサービスが入った時に96パーセントの高い確率でポイントを獲得し、ロソルに1度もブレークチャンスを与えなかった。そして、4度のブレークに成功し、わずか57分で快勝。

準々決勝では、第7シードのV・トロイキ(セルビア)とD・ラヨビッチ(セルビア)の勝者と対戦する。

同日の2回戦では第4シードのR・バウティスタ=アグ(スペイン)がR・ベランキス(リトアニア)に苦戦するも、4-6, 6-1, 7-6 (7-2)の逆転で勝利し、ベスト8へ進出した。

tennis365.net

最終更新:9月22日(木)9時49分

tennis365.net