ここから本文です

JAL、日本/欧州線でコードシェア便の運航へ、イベリア航空の共同事業参加で4社共同運賃の設定も

トラベルボイス 9月22日(木)12時0分配信

ブリティッシュ・エアウェイズとフィンエアー、日本航空(JAL)のワンワールド加盟3社の日本/欧州線の共同事業に、イベリア航空の加入準備が進んでいる。すでに国土交通省から独占禁止法除外の認可を取得。加入準備の一環として、JALはイベリア航空が10月19日から開始する成田/マドリード線でのコードシェア実施を発表。4社共同運賃も設置し、9月21日から販売を開始する。

JALとイベリア航空のコードシェアは、現在実施しているロンドン/マドリード線とフランクフルト/マドリード線(いずれもイベリア航空運航)に続き、3路線目となる。また、4社共同運賃では日本発ヨーロッパ行き運賃を共通設定。共同運賃はコードシェア便も対象で、4社の運航便のなかから出発/到着時刻や国内5空港(羽田、成田、中部、関西、福岡)の利用空港、運賃など利用者のニーズに合わせた設定が可能となる。

トラベルボイス編集部

最終更新:9月22日(木)12時0分

トラベルボイス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]