ここから本文です

全勝対決は王者に軍配! フル出場で原口奮闘も、ロッベンの復帰弾などでバイエルンがヘルタに圧勝

theWORLD(ザ・ワールド) 9月22日(木)4時54分配信

王者の壁を乗り越えられず

21日、ブンデスリーガ第4節でドイツの絶対王者バイエルン・ミュンヘンと日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。今季リーグ戦では3連勝中の両チーム。バイエルンはジェローム・ボアテングが今季リーグ戦で初めてスタメンに名を連ねた一方で、ヘルタは原口を今節も安定してスタメン起用している。

試合は、序盤から攻勢に出るバイエルンが17分に先制する。タビド・アラバが左サイドからクロスを入れると、1度DFにはじかれるがボールは再びアラバのもとへ。このボールをニアにいたフランク・リベリに折り返すと、2度の切り返しから相手DFをかわしてゴールネットへ突き刺した。

その後も攻撃の手を緩めないバイエルンだが、なかなかリードを広げることができない。一方のヘルタは、カウンターやセットプレイからときおりチャンスを作るも、王者のゴールを脅かすまでには至らず、前半終了のホイッスルを迎えた。

後半に入っても、バイエルンペースは変わらない。しかし、59分に攻撃的プレイヤーの2枚替えを行うなど、ヘルタも反撃を試みる。

しかし、点を奪ったのはバイエルンだった。68分、前線からのハイプレッシャーで、チアゴがペナルティエリア内で相手DFからボールをかっさらうと、GKと1対1に。落ち着いてゴールへ流し込み、バイエルンがリードを2点に広げた。

その後、途中出場で2ヶ月ぶりに実戦復帰を果たしたアリエン・ロッベンが72分にダメ押し弾を決め、3-0でバイエルンがヘルタに圧勝。全勝をキープした。なお、この試合でフル出場を果たした原口は、攻守に渡って奮闘するも、バイエルンの脅威になることができず。チームも今季リーグ戦で初黒星を喫した。

[スターティングメンバー]
バイエルン:ノイアー、ラーム、ハビ・マルティネス、ボアテング(→フンメルス 63)、アラバ、チアゴ、シャビ・アロンソ、ビダル、ミュラー(ロッベン 65)、レヴァンドフスキ、リベリ(→コマン 77)

ヘルタ:ヤルシュテイン、ペカリーク、ラングカンプ、スターク、プラッテンハルト、ヴァイザー(アラギ 84)、ルステンベルガー、アラン、エスヴァイン(→ストッカー 59)、イビセビッチ(→シーバー 59)、原口

[スコア]
バイエルン 3-0 ヘルタ

[得点者]
バイエルン:リベリ(16)、チアゴ(68)、ロッベン(72)

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:9月22日(木)4時54分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]