ここから本文です

第2の若田光一宇宙飛行士を目指せ!  講演会「宇宙飛行士になるためには」

テレ玉 9月22日(木)17時53分配信

「第2の若田光一宇宙飛行士を目指せ」と題し、子どもたちに宇宙や科学に興味を持ってもらおうという講演会がさいたま市で開かれました。

22日はJAXAでロケットエンジンの開発などに携わった柳川孝二さんが講演し、はじめに集まったおよそ250人の親子連れとともに、ボールを使って地球や月の大きさについて学びました。宇宙飛行士の養成訓練にも携わったという柳川さんは、「宇宙飛行士は、任命されてからも搭乗まで数年間訓練を積み、宇宙での生活は、ロボットアームの操作や実験からトイレの修理までどんな状況にも対応しなければならない」と話しました。また、若田光一さんの「夢・探究心・思いやり」という言葉を挙げ、「宇宙飛行士には、夢を持つことやチームワークが大切」と強調し、「みなさんの中から宇宙飛行士が誕生することを願っています」と子どもたちに期待を寄せました。参加した子どもたちからは、「人工衛星の速さ」や「一番大変な訓練」など、宇宙に関する質問が次々に挙がっていました。

テレ玉

最終更新:9月22日(木)17時53分

テレ玉